AMHとは?

 AMH(アンチミュラー管ホルモン、抗ミュラー管ホルモン)は、発育卵胞の顆粒膜細胞から分泌されるホルモンで、卵巣予備能の指標になります。

 卵胞刺激ホルモン(FSH)は、月経周期により変動が大きいため測定日が限られていますが、AMHは月経周期に関係ないためいつでも測定可能です。
 AMHの特徴として、加齢とともに減少していきます。(多嚢胞性卵巣症候群の時は正常値より高い数値を示します。)実際の年齢と卵巣年齢(生殖年齢)には差があります。ですから、AMHを測定することにより、自分の卵巣が何歳の卵巣の予備能力であるのかを推測できます。たとえば、実際の年齢が30歳でAMHが1ng/ml程度であれば、卵巣年齢は40歳程度ということになります。
 AMHが高ければ高度生殖医療を今すぐにしなくても、妊娠する可能性は高いですし、AMHが低ければタイミング療法から高度生殖医療へ早めに進むことを提案いたします。
 従来からあるFSHを測定すれば、ある程度の卵巣予備能のことはわかりますがAMHとあわせて検査することでより確実に卵巣予備能の評価が可能となりました。

 

 AMH専門外来をご希望される方は、こちらをご参照ください。